イライラを手放して楽しく子育てする方法


 

イライラ子育てから“ごきげん子育て”へ
「わが子」育てコーディネーターの的場真由美です。

 

子育てにイライラは付き物。
イライラして悩んで『どうしたらいいの?』って思います。

「言うこと聞かない」
「何度も同じことを繰り返す」
「性格が合わない」
「理由なんてないけど、とにかくイライラする」

なのに、世の中には親子仲もよさそうで、楽しそうに子育てしているママがいて、そんなママたちと見比べて「なんで私はできないんだろう…」と落ち込んで…。

イライラするし、落ち込むし、比べるし、悩むし、そして忙しい!
子供が生まれてから、ずーっとこんな状態の繰り返し。

「いったい、いつになったら楽になるの?」と途方に暮れていませんか?

 

私も下の子が3才の頃までは、とにかくイライラ。

「言うこと聞かない!」
「行動してくれない!」
「顔見るだけで腹がたつ!」

でも、子供たちは無邪気に「ママ、すき!」
(このギャップが…。苦笑)

楽しそうなママたちを見て
『私に育てられる子供たちかわいそう…』

私が育てると子供の【いいところ】を潰してしまいそうで、
山寺に預けるか自分が山に籠るかしたほうがいいと思いましたよ、本当に(笑)。

 

でも、今はめっちゃ子育てが楽しいです!

ときにはイライラもするけど、子供たちのことを「大好き!」って言えるし、なにより、一緒に生きていけることがうれしい。
成長していく過程を見守れることが幸せです。

イライラして『うまくいかない!』と悩んでいた以前の私と、
イライラするけど『子育てが楽しい!』と感じている今の私。
いったい何が変わったのでしょうか?

それは“信じて任せる子育て”に切り替えたことです。

 

2歳半と1歳半_消防車上の子2才半、下の子1才半の頃。
このころよりも【今】のほうが、子育てを断然楽しんでいます!

 

以前の私は、子供を自分の考えに合わせようと必死になっていました。

ゆっくり行動する子に「早くして~」といらだつ(待ってはいるのだけど、本音は自分のスピードについてきてほしい)。
コツコツ一つずつやる子に「もうちょっと要らないところ省こうよ」と思う(そのくせ、他の場面では「丁寧にしなさい!」って言っていたりする)。
恥ずかしがる子を「キチンと挨拶しなさい!」と、ムリヤリ引っ張り出す。

自分に合わせる、というか、子供の性格を無視していたんです…(反省)。

 

子供に苦労をさせたくない。
その想いは、どの親も持っていると思います。

だから、心配になって「それよりもこっちの方法がいいよ」と、つい言ってしまう。

外に出たときに恥ずかしくないように育てたいと思っていたら、やっぱり「キチンと挨拶しなさい!」と叱ってしまいますし、
また、忙しいママは「早くしなさい!」と言いがちです。

「真面目ね」と言われるママは、突拍子もない行動をする子は奇々怪々に映るものですが、
逆に「行き当たりばったり」とよく言われるママは、コツコツする子に『臨機応変に!』とか『面白みがない』とか感じてしまうのです。

 

子供にも性格があります。
それをわかっていて『この子はおっとりしていて…』なんて言っているのに、
『このおっとりをなんとかしっかりさせたい!』と、強制しようと考えていませんか?

「でも、しっかりしてほしいし、このまま社会に出たら大変よ!」

はい、そうです。わかります。
心配で「この生き方のほうが楽よ」と言いたくなりますよね。

わかるのですが、よーく考えてください。

恥ずかしがる子に「舞台に立て」とは言えないですよね。
ゆっくり行動する子を急かしてもパニックになるだけです。
自分のルール通り動きたい子に「強情言わないで」と思っても、それは難しい話なのです。

 

子供に苦労をさせたくない。
恥ずかしい思いをしてほしくない。

でも、あなたが考える乗り越え方が、その子も得意とは限らないのです。

まずは子供の性格を知る。
そして自分自身の性格を知る。
さらに、お互いの性格の違いを知る。

『ここをこうしたら楽なのに』という考えは、持たないようにしましょう。
持ってもいいけど言わないように、言ってもいいけど従わせないようにしましょう。
言うだけなら【アドバイス】ですが、やらせようとするのは【コントロール】です。

『こうしたら楽なのに』は自分自身の生き方であって、その子の生き方ではありません。
性格を捻じ曲げて親の考え方に従おうとすることで、かえって苦労するかもしれません。

最終的に『子供の人生は子供のもの。私の人生は私のもの』と思えるようになると、本当に楽になるのかもしれませんね。

 

さて、子育てを始めて約4年間、私は「これをしなさい!」「こうしなさい!」と言い続けました。

言われたことをできる子は私の中では『いい子』で、
できない子には「なんでできないの!」と一方的に怒り、イライラの原因はその子にあると思っていました。

でも、子供にも得意、不得意がある。性格の違いがある。
なにより、私とは考え方や興味の持つところが違う。

そういうことを知って、割り切り、良い意味で諦めて、信じて任せる子育てに変えました。

信じて任せる子育てに変えて、今でだいたい3年ですが、本当にとっても楽で、楽しく幸せな日々を過ごせています。
やっぱり、ときどきイライラはしますが(笑)。

イライラの原因は【言うことを聞かない】【言う通りにできない】その子にあるのではなく、
【私の考え方だった】ということですね。

 

 

 

お子さんの性格や、具体的なほめ方を知りたい方、
イライラ子育てじゃなく“ごきげん子育て”をしたい!と思っている方は、
ぜひ「わが子」育てコーディネートをご利用くださいね。

お申し込みはコチラから

 

 

 


ご質問やご相談は、お気軽にどうぞ。

お電話でのお問合せはこちら

  • お電話072-807-5680

お問合せフォームはこちら

お問合せはコチラ

ページトップへ
ページトップへ